低反発マットレスと高反発マットレスを比較※あなたに合うのは?

低反発マットレスと高反発マットレスを比較※あなたに合うのは?

低反発マットレスと高反発マットレスを比較※あなたに合うのは?

- マットレスの反発力
 毎年新しい新商品が出てくるマットレス。テレビ通販や家具ショップ、ディスカウントストアから寝具専門店まで様々な広告でも定番のマットレスですが、反発の度合いでみると弾力があり反発が強い高反発タイプと、重さがかかるとゆっくりと沈み込んでいく低反発タイプの2種類に大別されます。
 今回は、この高反発マットレスと低反発マットレスの特徴を比較してみます。引っ越しや買い替えでマットレスを検討されている方のご参考に、ご自分のタイプの判定にお役に立てればと思います。

 

 

- 高反発と低反発の特徴比較
それでは、マットレスに要求される各機能について、高反発と低反発のどちらが優れているかを見ていきたいと思います。

 

・「通気性の良さ」高反発マットレス
 人は寝ている間にコップ一杯の汗をかくと言われています。夏でも冬でもマットレスの通気性は重要です。低反発は包まれ感が強い分、高反発に比べて通気性では劣ります。低反発を選ぶ場合は、シーツの素材選びにも気を遣いたいものです。

 

・「体圧分散性」低反発マットレス
 マットレスに横になった瞬間、全身を受け止めてくれる包まれ感・体の凹凸にぴったりフィットするサポート感が低反発の最大の魅力ですね。店頭のお試しでこの魅力に取りつかれる方も多いはず。

 

・「寝返りのしやすさ」高反発マットレス
 ベッドの上でもぞもぞ動きたいあなたも、高反発なら軽快にうごけます。低反発の包まれ感を動き難さと感じる場合もありますので、購入前のお試しはぜひしたいものです。

 

・「体への当たり」低反発マットレス
 分厚い低反発マットレスの当たりの柔らかさは格別です。高反発の場合は、ベッドパッドの選び方で当たりを柔らかくすることが可能です。

 

・「軽さ」高反発マットレス
 持ち運びや掃除・収納でマットレスを移動するときに気になるのが製品の重さです。低反発マットレスは、見た目よりかなりずっしりと重いことが普通です。お客様用で出し入れが多い、毎日風に当てたい、などの場合は注意が必要です。

 

- まとめ
以上から、各マットレスのおすすめは以下のようになります。

 

高反発マットレスがおすすめ:
 寝返りが多い、マットレスの移動が多い、汗っかき、暑がりの方

 

低反発マットレスがおすすめ:
 横向き寝が多い、包まれ感が好き、寒がりの方

 

すべてが当てはまらない場合、重要視するポイントで選んで、ベッドパッドやシーツの質や素材で調整していくのがお薦めです。あなたにぴったりなマットレス選びで快適な睡眠を。